すゞろなる記

すずろ【漫ろ】〈形動ナリ〉たいしたものではない。たわいもない。

2018-11-16から1日間の記事一覧

美保関漁港を眺めながらの朝食

左上の鍋は、湯豆腐です。 加えて、蟹のお味噌汁 この景色を眺めながらの朝食です

美保館本館の大広間

朝食会場は、海を臨む大広間です。水面で反射した朝日が差し込みます。 美保大観を望む縁側 昭和中頃まで、この大広間は襖で仕切られた四つの客室でした。縁側からは今も昔も美保関港越しに大山を望みます。 表の道路は無く、縁側から釣りを楽しむこともでき…

美保館本館の朝食会場へ

本館入り口に続く通路です。振り返ると、漁港が見えます。 本館の玄関 昔の帳場でしょうか こちらの階段から、朝食会場の2階に上ります。 時計の針は12時を指していますが、実際は7時半です。

美保関漁港の朝

部屋から、宿正面の漁港が見下ろせます。6時12分、東側の空が茜色に染まる中、一隻の小舟が出港していきます。 6時29分、空全体が明るくなってきました。港も忙しなく、海鳥の飛来も増えてきています。 幸福感と活力を貰えるような景色