すゞろなる記

すずろ【漫ろ】〈形動ナリ〉たいしたものではない。たわいもない。

小倉駅のかしわうどん

f:id:Aru-Kaishain:20201107215752j:plain

北九州空港からバスで小倉駅

f:id:Aru-Kaishain:20201107215846j:plain

夕ご飯は、小倉駅プラットホームの立ち食いうどんのお店にて。

門司出身の同行者が、メニューを無言で指さして、「かしわうどんにしろ」と言ってくる。

甘く煮た鶏肉に、あっさり目の出汁が良くあう。

その通りにして大正解、大満足。

f:id:Aru-Kaishain:20201107220512j:plain

小倉駅を21時53分に出発、大分には23時25分に着く。

二人掛けの座席をそれぞれ、一人で使い、真っ暗な車窓をぼうっと眺める。

ふと、「かしわうどん」を勧めてくれた同行者に目をやると、

なにやら文庫本を熱心に読んでいる。

他の同行者や乗客は寝るか、スマホの画面を見ているのに

まだそう年を食っていない者が、夜の特急列車で文庫本を開いているのを見ていると、

なんだか懐かしい気がしてくる。

 

何の本なのだろう。

気になるが、今日会ったばかりなので、尋ねるのは憚られる。