すゞろなる記

すずろ【漫ろ】〈形動ナリ〉たいしたものではない。たわいもない。

明礬温泉 岡本屋

明礬(みょうばん)のバス停を下りて、温泉街に続く小さな橋のたもとから、別府湾を望む。上に横切るアーチ状の橋は、東九州自動車道

f:id:Aru-Kaishain:20210503220954j:plain

部屋は二階にある

f:id:Aru-Kaishain:20210503221034j:plain

今宵のお部屋。硫黄の匂いと蜩の声

f:id:Aru-Kaishain:20210503221415j:plain

照明やら、調度品が気になるタチなので、照明を拡大してみる

f:id:Aru-Kaishain:20210503221545j:plain

広縁からの景色。

東九州自動車道のアーチの下に見えるこんもりした山は、高崎山だろうか

f:id:Aru-Kaishain:20210503221728j:plain

窓を開け放ってみる

高速道路のアーチと高崎山に西日が当たっている

f:id:Aru-Kaishain:20210504222948j:plain

広縁の照明を拡大

こういう照明器具にも、歴史を感じる

f:id:Aru-Kaishain:20210503223054j:plain